自分で脱毛する

毛抜きで脱毛する方法

毛抜き脱毛の特徴

kenuki5自分で行う自己処理の一つがこの毛抜き脱毛です。これは毛抜きを使って自分の手により脱毛をする方法です。勿論毛はまたすぐに生えてきますし、その度に脱毛を繰り返さないといけません。延々としないといけないのがこの毛抜き脱毛なのです。

毛抜き脱毛のメリット

手間もかかればトラブルも多いのが毛抜き脱毛の特徴です。毛抜き脱毛には様々なトラブルのリスクが潜んでいるのです。そんなトラブルを話す前にまずは毛抜きで脱毛をするメリットをご紹介しましょう。

毛抜き脱毛のメリットはカミソリよりも毛が無い状態が持続する点でしょう。カミソリと比べてですが、再度毛が生えてくるまでの時間が長くかかるので、ムダ毛の無い状態が少しだけ保てます。カミソリ脱毛のようにすぐに生えてこないのがメリットです。それに毛穴からすっぽりと抜けると気持ちがいいのもメリットの一つでしょう。

毛抜き脱毛のデメリット

ただし、毛抜き脱毛はメリット以上にデメリットの方が目立ちます。まずは肌トラブル。この毛抜き脱毛は結構強引に毛を抜く方法であり、皮膚が引っ張られてムダ毛が引っこ抜かれた後に毛穴が開くことがあります。そこから菌が入って肌荒れを引き起こすことがあるのです。「埋没毛」や「シミ」や「黒ずみ」や「色素沈着」になりたくないのなら、この方法は辞めた方がいいでしょう。毛抜きで脱毛をすると肌が傷ついて、肌荒れが起こります。肌を守りたいなら毛抜きを使うのはなるべくやめてください。

毛抜き脱毛をすると場所によっては相当な痛みを伴ったり、時には血が滲んでくることもあります。それほど毛抜きは肌を傷つける道具なのです。使う時には十分にお気を付けくださいね。

横浜脱毛口コミランキングTOPへ

カミソリで脱毛する方法

カミソリ脱毛の特徴

kamisoriカミソリの特徴としてはいつでも手軽に誰でも脱毛できるところにあります。
お風呂に入った時にもできますし、それ以外でも水で洗ってからせっけんやボディソープでよく泡立てると効率よく脱毛することができ、脱毛する方法としては身近なものです。

カミソリ脱毛のメリット

カミソリでの脱毛でのメリットは、あまりお金がかからずにいつでも好きな時に脱毛することができるところにあると思います。
カミソリは他の脱毛器具で脱毛する方法よりも安く、脱毛することができます。
使った後に、きちんと洗って乾かしておけば何度でも使えますし、脱毛できなくなれば歯を交換すればよいのでお手軽なものです。

カミソリ脱毛のデメリット

デメリットとしては、脱毛がちゃんとできていない部分ができたり、じょりじょりと触り心地が悪くなったりすることが挙げられます。また、肌が敏感であったり弱かったりする人は肌荒れを起こしてしまう危険性があります。
よく泡立てて洗っても、肌が荒れたり、ひどい場合は炎症を起こす可能性もありますし、毛穴から匂いがする人も中にはいると思います。
乾燥肌の人はより乾燥していきます。
それに加え、カミソリの刃を清潔に保っていなければ、炎症を起こす可能性がますます高まることもデメリットの一つに挙げられます。
脱毛した後のスキンケアが必要になり、手間がかかります。それに、永久脱毛ではないので、一度脱毛してもまたその後何度も脱毛しなければならないです。

横浜脱毛口コミランキングTOPへ

除毛クリームで脱毛する方法

除毛クリーム脱毛の特徴

jomoムダ毛処理の代表的な処理方法で除毛クリームの中には毛の根元を溶かす成分が多く含まれていて、毛根に染み込むように塗ると剛毛がボロボロになっていきます。それでタオルなどで軽く拭き取れば簡単に除毛出来ます。誰でも手軽に出来る処理方法です。

除毛クリームで脱毛するメリット

除毛クリームの中には毛の根元を溶かす成分が多く含まれているので毛穴の少し奥まで溶かします。そのためカミソリで剃るより綺麗にムダ毛を処理出来るので肌がより美しく見えます。しかもカミソリは肌を切ってしまう事がありますが除毛クリームを使用した時はそういう事はありません。それに除毛クリームは塗るだけでいいので背中など処理しにくい場所でも問題なく処理できます。また除毛クリームは市販で安く購入出来て経済的にも良くて、時間もかからないので手間がかかりません。

除毛クリームで脱毛するデメリット

除毛クリームには人によって体質的に肌に合わない事があります。ムダ毛の処理自体は綺麗に処理出来るのですけど、数時間経過すると肌がヒリヒリしてきたりして中には除毛クリームを塗った部分全体に発疹が出来てしまう事があります。除毛クリームには毛の根元を溶かす成分が多く含まれているので刺激がとても強いのでアレルギー体質の人に肌トラブルを起こしてしまう人が多く見られます。また体質によって除毛効果が表れない人もいます。体質と除毛クリームの成分が合わなくて除毛効果が薄くなってしまうと考えられています。除毛クリームは実際使用してみないと分からない部分があるというのもデメリットなのかもしれません。

横浜脱毛口コミランキングTOPへ

家庭用脱毛機で脱毛する方法

家庭用脱毛機の特徴

katei5小型で持ち運びがしやすい家庭用脱毛機は、主にムダ毛の黒いメラニンに反応して毛根を破壊するフラッシュ式やレーザー、高周波タイプなど好みの肌の仕上がりに応じて種類を選ぶ事ができ、自宅で安全に扱える範囲内に最高温度を制限してるのが特徴です。
又、自宅や旅行先で主に使う事を前提にして脱毛機が構造されてるので、高温の熱から肌を保護するためのセンサーや、冷却パックも備わってる事が多いです。
最近は、万一脱毛機が肌質に合わなかったり、効果が出なかった時の為の返金保証を付けてるメーカーが増えてきてるので、年々カスタマーサポートの質が向上してるのも家庭用脱毛機ならではの特色でしょう。

家庭用脱毛機のメリット

家庭用脱毛機は、メラニンに反応する可視光線をムダ毛処理したい箇所に当てるだけなので、毛抜きや剃刀みたいに直接肌に触れる事がなく大変衛生的です。
つまり無理やり肌表面の角質を傷付ける事がないので、脱毛すると同時に肌も綺麗に保ちやすく、適度なスキンケアを怠らなければ余計な肌負担を掛ける事がありません。
又、殆どの家庭用脱毛器は照射口が大きめに設計されてるので、足や腕などの範囲の広い箇所でも短時間で脱毛完了ができ、時間を有効に使いたい多忙な現代人の生活スタイルに応じたスペックになってるのもメリットと言えます。

家庭用脱毛機のデメリット

家庭用脱毛機は、エステや医療機関で使われてる業務用の脱毛機よりは大変コンパクトサイズなので、使用頻度が多いほど故障したり、脱毛品質の経年劣化に直面するリスクを避けられないのが先ずデメリットの1つです。
又、脱毛機を操作する人の手際が悪ければ、どうしてもエステや医療機関で施術する時みたいなスピード性が大幅に失われてしまうので、特に毛が多い剛毛の人は照射時間が長引く恐れがありますし、照射漏れも度々起こる可能性もあります。
ちなみに全身脱毛をしたい場合は、脱毛機のカートリッジの交換費用や1回あたりの電力の消費量を考えても、エステのほうが安上がりになる場合があるので、慎重な検討が必要です。

横浜脱毛口コミランキングTOPへ