サロンで脱毛する

ニードル脱毛をお考えなら

needle2横浜でニードル脱毛をお考えの方のために、
ここでは大まかなニードル脱毛の特徴やメリット、デメリット面も簡単に纏めて紹介していきます。

ニードル脱毛の特徴

ニードル脱毛は毛根を死滅させることで脱毛をするという特徴があります。使うのは電気を通す針と電流です。これを脱毛したい場所の毛穴一つずつにあてて、弱めの電流を流しします。このやり方によりムダ毛を永遠に生えてこないようにするのがニードル脱毛の特徴なのです。

ニードル脱毛のメリット

ニードル脱毛にはメリットがあります。それは毛が再度生えてくることがほとんどないことです。どの脱毛方法よりもムダ毛の再生率が低いので、一度脱毛が終わるとムダ毛がもう一度生えてくる可能性を最も減らすことができます。ニードル脱毛には永久脱毛の力が備わっているのです。

またニードル脱毛には産毛などの薄くて細い毛にも脱毛効果があります。レーザー脱毛や光脱毛が脱毛してくれるのは、黒いムダ毛だけです。産毛まで取りこぼしなく完全に脱毛してくれるのはニードル脱毛だけ。ここが魅惑的なメリットなのです。

ニードル脱毛のデメリット

逆にニードル脱毛のデメリットもご紹介しましょう。デメリットは脱毛に多大な時間がかかる点や痛みが激しい点、それから脱毛の費用が多く取られる点です。この3つのデメリットはなかなかのものですよね。3大デメリットがあるので、次第にニードル脱毛を利用する人は減ってきました。ニードル脱毛は拘束時間も長いですし、針を刺したり電気を通すので、大きな痛みが起こります。それから値段も高価です。この3点がニードル脱毛のやるかどうかを迷わせるデメリットなのです。

ニードル脱毛をどうしても受けたい場合は、できればクリニックで脱毛することをお勧めします。値段は高いですが、クリニックなら麻酔が打てます。痛みに過敏な人や我慢が苦手な人はなるべく別の脱毛方法を選ぶか、クリニックでニードル脱毛しましょう。

横浜脱毛口コミランキングTOPへ

レーザー脱毛をお考えなら

laser横浜でレーザー脱毛をお考えの方のために、
ここでは大まかなレーザー脱毛の特徴やメリット、デメリット面も簡単に纏めて紹介していきます。

レーザー脱毛の特徴

レーザー脱毛は、成長期のムダ毛のメラニン色素に反応するレーザー光線を肌に直接照射する事で毛根組織を破壊し、毛が二度と再生されないように永久的な脱毛効果を働きかける方法です。
レーザ脱毛は、光脱毛と比較しても1ショットで照射できる出力パワーが強力で、且つ直進方向に光が伸びる特質を持ってるので、皮膚に多大な影響を与える事なく毛根組織にピンポイントでダメージを与えやすいのが特徴です。
又、原則として医師免許を持った者しかレーザー脱毛器を扱って照射する事ができないので、家庭やエステサロンでは安全性の確保ができない全身の施術も万全な医療体制が整った上で受ける事ができ、約5,6回の施術でムダ毛の自己処理の負担がなくなる早い効果も期待できます。

レーザー脱毛のメリット

医療レーザーは、毛根組織に直接熱を伝導させてムダ毛の発毛を抑える手法なので、剃刀や毛抜きなどを使った自己処理のように肌を必要以上に傷める事なく脱毛が可能です。
又、エステや家庭用脱毛器よりも少ない処理回数で脱毛が完了できる事から、約1年から1年半という期間で時短脱毛が実現できるのもレーザー特有の特長です。
そしてレーザーにはシミや黒ずみなどの色素沈着を解消する効果もあるので、脱毛する度に肌が美白されて洗練された綺麗な肌になるのも、他の脱毛手段では得られないメリットの1つです。

レーザー脱毛のデメリット

ほくろやソバカスなどが皮膚に多くあったり、日焼けをしてる場合は、黒い色素に強く反応する医療レーザーの性格上、施術中に火傷をしたような熱さを感じる可能性があります。
又、人よりも毛量が多い場合は、レーザー脱毛器がメラニンと簡単に感知しやすくなるので、ムダ毛が多い状態の初回や2回目の脱毛の時は頻繁に痛みを感じる回数が多く、こまめなアイシングと保湿化粧品でのスキンケアで対処する事が必須になります。
そしてレーザー脱毛は立派な医療行為ではありますが、施術代は保険適用外になるので、予算に合わせた価格帯のクリニックを探す手間が掛かるのと、カウンセリングを受けるスケジュール調整も逐一必要になります。

横浜脱毛口コミランキングTOPへ

光脱毛をお考えなら

Close up of  receiving epilation laser treatment横浜で光脱毛をお考えの方のために、
ここでは大まかな光脱毛の特徴やメリット、デメリット面も簡単に纏めて紹介していきます。

ぜひ、参考にしてみてください。

光脱毛の特徴

光脱毛は、今多くの脱毛サロンや家庭用脱毛器がベースに取り扱っているムダ毛処理の方法で、人体には害が一切ない可視光線を使った最もポピュラーな脱毛法です。
光脱毛は、ムダ毛の黒いメラニン色素に吸収されやすい特質のある光線を使ったムダ毛処理の方法で、新しい毛の再生スピードを抑える作用があります。
ムダ毛が気になる箇所に直接照射する可視光線の光は、程なくして皮膚内部の毛根や毛包を素早く破壊する熱に変化し、毛根組織にダメージを与えて脱毛する効果を発揮します。
光脱毛器から発する光線の温度は、基本的に永久脱毛ができる医療レーザー機器よりも低く抑えられてるので、敏感肌の人でも火傷や肌荒れの心配をせずに施術を受けられるのも大きな特徴です。

光脱毛のメリット

光脱毛の第一のメリットは、医療レーザー脱毛器よりも優しい波長の光線を使ってるので、1度に広範囲のムダ毛処理が進められる点です。
又、光脱毛では美容液や抑毛ジェルを肌に塗布してから脱毛器で照射していく流れになるので、ニードル脱毛や医療レーザー脱毛よりも肌を十分にいたわった脱毛を実現でき、家庭でも自分1人で実施できるほどの安全性もあります。
光脱毛器の中には、毛穴の引き締め効果や美白作用も期待できる機種もあるので、ムダ毛を減らす効果があるだけでなく、キメの細かい透明感ある肌に仕上がるメリットも見逃せません。
そして痛みが大変少ない点も光脱毛ならではのメリットであり、毛がフサフサと生えてる箇所でも一瞬だけゴムを肌に弾いた時に感じるような痛みを少し感じる程度なので、初心者でも心身共に楽な姿勢で施術を受けやすいです。

光脱毛のデメリット

光脱毛のデメリットで代表的なのは、ワックスやクリームのように即効性が無い点です。
光脱毛の場合、照射光が熱に変わってから約10日程度の時間を掛けてじわじわと毛根や毛包を破壊していくので、脱毛スピードが医療レーザー脱毛やワックス脱毛などと比べても大変緩やかな点は避けられません。
又、1回の施術で成長期のムダ毛の3割しか光脱毛ではアタックできないので、毛周期に沿って10回程度は同じムダ毛処理を継続する事が求められます。
つまり2回目の脱毛は、休止期に入ってたムダ毛が皮膚から生えてきた頃に行うので、脱毛サロンに通う場合は約1〜1年半の通いが少なくとも必要になり、上手くスケジュール調整を行う負担も強いられます。

このように光脱毛は、人体の肌に対しても最も副作用の少ない脱毛法なので、自己処理で要領良くムダ毛処理ができない時は、是非エステや脱毛器を購入して試してみると良いでしょう。

横浜脱毛口コミランキングTOPへ