脱毛の基本知識

諦めないで脱毛できるまで待つ!

待つ

私はすっごく脱毛で迷いました。でもニードル脱毛は受けなくて正解です。私は日焼けをしすぎているという理由から光脱毛やレーザー脱毛ができないと言われてしまったのです。それをどうにかしたくて脱毛できる方法を話し合いました。そしたら「ニードル脱毛ならできる」と言われたのです。日焼けをしていてもこの脱毛ならできると言われて、私はすぐにでも飛びつきたい気持ちになりました。

続きを読む

脱毛サロンで脱毛するメリットとデメリット

ここでは脱毛サロンで脱毛する際のメリットとデメリットをまとめてみました。

脱毛サロンのメリット

脱毛サロンのメリットといえば、なるべく肌を傷つけないことなのです。実はムダ毛の自己処理というのは結構肌を傷つけているという事実を知っているでしょうか?カミソリや毛抜きなどの良く利用する道具は使う度に肌を傷つけているのです。カミソリは刃物であり、使い方を誤ると肌を傷つけてしまうこともありますし、傷がつかなくても皮膚を刃物で擦ることで見えない傷ができています。毛抜きなんてムダ毛を根っこから抜くわけで、抜いた個所からたまに血が出てくることもありますし、血が出なくても毛穴を傷つけて毛穴から細菌が入りやすい状態にしてしまいます。だから肌には良くないのです。

脱毛サロンでも肌は傷つけていますが、必ず脱毛後には肌ケアをしてくれます。また脱毛サロンで脱毛をするとしばらくムダ毛は生えて来ません。だから自己処理のように頻繁にムダ毛を処理する必要がないので、肌に優しいのです。脇の黒ずみや色素沈着に悩んでいる人はこのお肌を回復させるためにも脱毛サロンに行きましょう。脱毛サロンはムダ毛処理のせいでできた肌の黒ずみや色素沈着を治してくれるというメリットがあるのです。

脱毛サロンのデメリット

2〜3か月に1度通わないといけないので、面倒くさいというデメリットや脱毛するときにムダ毛を見られて恥ずかしいというデメリットもあります。しかし肌の黒ずみや色素沈着に悩むよりはよほどマシです。このトラブルが肌に表れるといくらカミソリや毛抜きで自己処理しても肌は綺麗になりませんからね。確実にキレイに脱毛がしたいというなら、自己処理をするよりも脱毛サロンに行った方が良いのです。

横浜脱毛口コミランキングTOPへ

ワックス脱毛のメリットとデメリット

ワックス脱毛の特徴

waxワックス脱毛は、ワックスを脱毛したい部分に塗って、一気に引き剥がす脱毛方法です。
ワックス脱毛に使うワックス剤には、水性のものと油性のものがあります。
水性ワックスには、蜂蜜を使ったハニーワックスや、砂糖を使ったシュガーワックスなどがあります。
肌に優しいワックスで、服についても洗濯すれば落ちます。
ただ、脱毛したい部分の毛の長さが5mm以上必要となります。
油性ワックスには、クリームワックスやソフトワックスがあり、松脂が成分として含まれていることが多いです。
油性なので、肌に残ったワックスは、クレンジングオイルなどで落とします。
油性ワックスの場合は、短い毛でも脱毛できます。

ワックス脱毛のメリット

空いた時間に手軽に脱毛できることが、ワックス脱毛の大きなメリットです。
レーザー脱毛の場合、予約を入れてから施術をするので、脱毛するまでに時間がかかってしまいます。
しかし、ワックス脱毛の場合は、脱毛したい時に簡単に脱毛することができます。
また、メラニンに反応するレーザー脱毛は、日焼けした肌には使えないのですが、脱毛ワックスは、日焼けした肌にも使うことができます。

ワックス脱毛のデメリット

ワックス脱毛のデメリットは、ムダ毛を一気に剥がすので、痛いことです。
肌の弱い人は、かぶれたり内出血を起こすこともあるので、注意が必要です。
また、油性ワックスの場合、松脂や蜜蝋が入っているワックスが多いので、アレルギーがある人は気を付けた方がいいでしょう。

横浜脱毛口コミランキングTOPへ